ナイチンゲールから学ぶ看護の姿勢

伝記を読んだことのある人であれば、ナイチンゲールの名前を知らない人はいないでしょう。歴史的な偉人の代表的な人物として、その名前は多く耳にするかと思います。この人物について歴史を紐解いてみると、多大な成果を残した人物である事が分かります。ナイチンゲールは、統計学の観点から看護の質向上を目指した人でもあります。戦場における兵士たちの死因について、統計学的な観点から数字を分析することにより、ケアの方針に役立てる功績を残しました。このようなナイチンゲールの活躍からは、看護師の役割が単に患者のケアだけではないことが発見できます。客観的に物事を分析すれば、もっと患者のために役立てる事があるはずです。これから看護師を目指す初心者は、看護に必要とされる基本的なケア知識に加えて、他の分野から数学などの学問についても学力を強化することが求められるでしょう。全体を把握している看護師は、いつどこにいても重宝されます。統計学について、あらかじめ基本的な知識を持ち合わせれば、治療活動で気になった数字を分析し、本当に必要とされるケアに気づくことができます。看護師は、医療の最前線にいるスタッフであるだけに、一番患者に近い場所に位置しています。そのような場所から、多くの情報を分析して新しい発見ができる知性を身につけていれば、患者の治療にもっと役立てられるのではないでしょうか。看護師の方にぜひ目を通してほしいサイト《http://fnthought.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です